TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

古民家再生

妻側下屋の減築②

仕切り壁の解体の続きをやっていきます! おりゃ~と壁を叩いたら傾きました。

妻側下屋の現状と減築①

晴れの日が続きそうでうれしいです。雨も大切ですが、やっぱり作業は晴れている方が気持ちがいい。さて、写真は現状の妻側下屋です。一見、キレイに屋根材が葺かれていますが…

囲炉裏の解体

暑さは和らぎましたが、相変わらず雨は多いですね。さて今週も気張ってDIYしていきたいと思います。 今回は、母家の囲炉裏を解体しました。

下屋リフォーム②

雨の日が多いので、晴れの日は貴重です。 なんとか屋根板を葺き替えることができました☆

下屋リフォーム①

雨が続き、まったく雨隠れの里になったのかと思えば、晴れたら猛暑(+_+) なのでラジオを音量高めで聴いて、テンション上げてDIYしていきたいと思います!

「面戸板」をつける

この家に住みはじめて丸2年、住みながらのDIYはなかなか大変です。 今回は抜け抜けになっていた面戸板をつけました!

手水舎リフォーム③

やっとここまで来ることができました。 「洗面ボール」の設置と「ブロアカバー」を作製しました☆

手水舎リフォーム②

ぶち抜いた壁をようやく塞ぐことができました☆

手水舎リフォーム①

前回、ライトを新調しました手水舎。 続きは大分先でもいいかと思ってましたが、楽天セールで洗面ボールをポチってしまいやることにしました。

二階養蚕部屋のリノベーション①

我が家の2階初公開になりますね! 昔の家は寝泊まり専用住宅とは違い、家業の作業兼用住宅になっています。我が家も2階は養蚕のための納屋になっていました。 この家を買った時からやりたいと思っていましたが、ようやく昨年末からボチボチと掃除と片付けを…

戸袋の営繕

暑いですねー。縁側端にある戸袋を営繕しました☆==== 営繕前の戸袋外壁です。古民家らしいヴィンテージ感が漂いよい感じなのですが…外壁が割れ…隙間も大きく…内から見れば太陽光が射し込み、穴だらけなのが良くわかります( ´∀` )この家に住み始めた2014年、…

滅茶苦茶シンプルな防寒対策&ネズミ対策

鬱陶しい天気が続いておりますが、我が家の縁側は晴れやかにリフォームしました☆

古民家の建具隙間対策

タイトルとこの写真で、何をやったのかはもう明白ですね。現代建築の耐用年数が短いにもかかわらずここまで普及した背景に、「ゆがみにくい」というのが支持されたのもあるかと思います。「柱が動く」なんていったら現代消費者はひっくり返るほど驚きますが…

古民家の防寒対策②~古民家の気密断熱性アップリフォーム

我が家は古民家です。田舎暮らしに憧れる方は、古民家にも憧れる方が多いかと思いますが、現代高気密高断熱住宅の感覚のまま住むと、とんだことです。まず、欄間や開口部が広い引き戸があるように、日本家屋・在来軸組工法は夏向け仕様につくられているとい…

古民家の防寒対策

山村の朝晩の冷え込みが、日々厳しくなってきました(>_<)山村は夏の避暑に最適の分、寒い時期は覚悟が必要です。夏向け仕様の古民家暮らしなら尚更です。そこで、昨年の古民家再生時に対策をしておきました~☆ はい、写真がそうです!風窓を設置しました!!…

古民家再生 フローリング施工

小屋の建築の時にも使った、無垢杉フローリングです。無垢杉はキズがつきやすいが、呼吸する木の家にはやっぱり相性が良い。押入れは湿気対策で、オープンにして漆喰を塗りました。

古民家再生 刻み編

前回の解体写真のほぞを復元してみた。

古民家再生 解体編

解体をすれば、どのような刻みをしているかわかるから楽しい。在来軸組み工法を解体し、匠の技を学ぶことは、文化・技術の伝承になり、役目を終えた古材は立派な薪ストーブの燃料になる。あぁ、なんと無駄のないことか!それに比べ、新建材を多用した現代建…