TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

多様性の時代~リベラルな生き方を考えよう~


f:id:TEKIneko:20201003215533j:image

秋ですね!こんな立派な栗、動物に食べられるなんてもったいないと、職場の方と一緒に栗拾いをしました!

 

新型コロナで経済的に大変な年となった今年、失職しホームレスとなり三日間何も食べていませんというネット記事を読みました。これが半世紀も前の話なら納得するのですが、ネット社会の今、少々違和感を感じてしまうのは私だけでしょうか。というのも、本来は人の数だけ暮らしがあるのです。社会的価値観やトレンド、思惑によってライフモデルがあったとしても、 ネット社会では様々な人生を探すことができるのです。興味深い資料に「世界価値観調査」という大規模な国際調査によると「人生の目標」についての質問で、中国や韓国の若者だけでなく米国の若者ですら「親が私を誇りに思うことが人生の目標のひとつである」という回答が6~7割あるというのです! 日本でこんな回答をしたら、プッと笑われそうですよね。自分らしく生きたらいいんじゃね。というのが今の日本なんです。そう!日本はリベラルの最先端なのです!

ひどい言い方に聞こえるかもしれませんが、ホームレスとなり 仕事もなく 何も食べるものがないというのも、その人の選択であると言えるのではないかと思うのです。 私からすれば現状に不満があるなら 調べて行動せよ!と言いたいんです。自分は動かないくせに社会のせいにする人は、これからの日本社会では、ますます生きづらくなってくるでしょう。 これからの日本社会のキーワードに、私は「小さな政府」と「リベラル」 が思い浮かびます。 周知の通り日本は大借金大国ですので、 行政サービスは悪くなっていっても不思議ではありません。既存トレンド路線は競争が激化するでしょうが、競争リングから降りる自由も与えられているのが、リベラル社会です。


f:id:TEKIneko:20201004130937j:image

田舎に来れば、こんな栗がタダで拾ったりもらったりできるかもしれないのです。いつものご飯が栗ご飯になり、栄養満点で健康になり、お金も無駄に使わない暮らしができちゃったりするのです。


f:id:TEKIneko:20201004131548j:image

栗をせっせと剥いていると、お向かいの奥さまから、 アップルパンの差し入れがありました♪鍋しきの蟻は、本物ではなく焼き印です。わたちのセンスではありません。木たろうのセンスです。

ともあれ、アップルパン美味しかった(*´ー`*)


f:id:TEKIneko:20201004132145j:image

甘過ぎるのはあんまりなので、和風だしで渋皮煮を作って、酒の肴にしてみました。


f:id:TEKIneko:20201004132647j:image

そのままでも結構いけるのですが、特製ドレッシングに胡椒をかけて居酒屋メニュー風に!

田舎の昔からの食材である、里芋と栗を食べて改めて思うことは…

腹持ちがよい!!

ということです。これが菓子パンやハンバーガーだと軽過ぎるんです。だから食べ過ぎる→お金をかけて太る!ということになるんでしょうね。

私は今の生活スタイルになり早くも2年が経とうとしていますが、不満はありません。ですが今の生活スタイルが最終形態であるとは全然思っても考えてもいません。私はこれまでいろいろな暮らしを見て行動実践してきたように、今後も変化させていくと思います。大きく180度変わってしまうことはもはやないでしょうが、より自分が活きるよう合わせていくということです。

リベラルな時代は、親任せ、先輩任せ、国(行政)任せでは生きてはいけません。 自分なりに例えば「食」について「住まい」について「お金」についてとか、暮らしのカテゴリーを真剣に考え行動し模索しなければなりません。過酷な時代と見る方もいますが、そもそもぼーっとしていても暮らしていける方が異常なのではないでしょうか。

「B(ベーシック)ライフ」「コミューン」「山奥ニート」等いろいろなリベラルな生き方が日本にはあり、私もかつてBライフ実践者でした。何故Bライフをやめたのか('_'?)Bライフは私にとってはなかなか面白く良かったです。不満はありませんでした。しかし、体力がないくせに気が多く気力も十分な私は、ついつい作業をやり過ぎてしまい、体調をちょくちょく壊してしまっていたので、健康的ではなかったと思います。 月から金曜日の勤めの今は土日にDIY をやるのですが、 月曜日は仕事があるからと無茶をしなくなりました。 勤めの仕事も責任感を持ってやることで、体調管理、健康管理をやるようになり、熱を出す風邪を引くということが一切なくなりました。お金について言えば、当然税金は爆上がりしますが、生活費は少ししか上がっていませんので、金銭的にはリッチになりました。

必要なもの、ときめくものしか買わないのと、 利用できる行政サービスは しっかりと利用するというBライフの時からのルールは今でも継続しているため、


f:id:TEKIneko:20201004155718j:image

先日、市の プレミアム付商品券もちゃかり買いました。これから「小さな政府」になっていくであろうけど、現状の行政はまだまだいろいろと考えてくれています。これを利用しない手はありません。普通に考えて下さい!5,000円で7,000円分の買い物ができちゃうんですよ! 普通預金の利子を見てくださいよ。 100万円預けて10円の利子しかつかないということは、0.001%の利子ということですよ。正にゼロ金利でヒドイ話です。それが クレジットなどのキャッシュレス決済で支払うと 1%のポイント還元でもスゲーとなり、 色々なキャンペーンで 10%のポイント還元となった時には マジやべえな、 1万円で1000円もらえるんじゃんってことですが プレミアム付き商品券は40%還元ということです!!!!!!!

今回の プレミアム付き商品券の申請者は少なかったようで、私でも希望冊数の3冊を買えました。 正直、貧困に陥る人はこういう情報に疎く、 また、こういう申請などの事務処理を面倒くさがる人が多いように思います。 税金を使ったせっかくの行政サービスはしっかりと利用しましょうね!

大震災や暴風雨といった天変地異に新型コロナという感染症パンデミック、そしてもういつ起きてもおかしくない南海トラフ地震!この度に大きくリベラル化がすすむことでしょう。

自分は何を大切に生きたいのか。

自分はどういう暮らしがしたいのか。

これからも、生きている限り模索は続きます。

リベラルな時代は過酷な時代ではありません。人間が人間らしく悩み自由に生きていける素晴らしい時代です。