TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

包丁のメンテナンスも立派なDIY

DSCN0903

普段から包丁にお世話になっているのに、つい億劫になってしまうのが包丁のメンテナンスです。
特に薄く切る必要がなければ、多少ナマクラでも野菜やイモ類なら切れますので、まぁいっかーとなるわけです( ˘ω˘ )
しかしお肉を切るとなれば、抜群の切れ味が求められます。狩猟をはじめたことで、常に切れる包丁で捌くことが、彼らに対しての礼儀だとも思い、使ったら必ず研ぎ直しをしています(`・ω・´)

写真右から、「面直し」「コンビ砥石(荒砥と中砥)」「天然砥石」です。
「面直し」は文字通り、砥石の反りを直すのに使います。刃研ぎを繰り返しやっていますと、当然砥石も削れるわけで、ガタガタな面ではまともな刃はつきません!
「コンビ砥石」の荒砥(緑)は刃こぼれしたときに使います。
「コンビ砥石」の中砥(赤茶)は一番使いやすい1000番です。
「天然砥石」は素性がよくわかりませんが良さげです(笑)

包丁を研ぐといっても何から揃えていってよいか迷うところですが、これは刃物研ぎに限らずDIY全般にいえることです。
どこまで自分がそのことに熱く掘り下げ極めるかということだと思いますが、経済的リスクを考えて段階的にアイテムは揃えていった方が良いでしょう。
今は包丁もメンテ道具も増えた私も、はじめは中砥だけしか持っていませんでしたが、正直普段調理なら全く問題ありません。面直しもコンクリートブロックなどの平らなところで削ればよいわけです。

分業成熟社会では、刃物研ぎも立派な一仕事です。地元では金物屋さんや合鍵屋さんが研ぎ直しサービスをしていますが、包丁一本研ぎ直しに1000円くらいかかります。
どの業種業界にもいえることですが、サービス価格とサービスの質のバランスはマチマチです。よって、包丁の研ぎ直しをするのに1000円という価格が、安いのか妥当なのかぼったくりなのか、仕事の質を見ないと判断がつきません。

包丁だけでなく鎌や鉈も普段使いする自給自足的生活では、譬え最高のサービスの質であっても研ぎ直しに一千万円も払っていては生活が破綻してしまいますので、ここは真面目に楽しくDIYしたいです。

さてさて、そろそろ始めましょうか。

DSCN0905

まずは、準備です!
すべて、たっぷりの水に30分以上浸水させ、しっかりと水を含ませましょう!

水に浸けっぱなしや濡れタオルでくるめば、浸水時間を待たなくてもよいと思えますが、砥石を長く持たせたければ絶対にやめましょう!(割れ・劣化の原因)

DSCN0908


砥石の下に濡れフキンを敷いてもよいのですが、動いてしまう場合があります。砥石が動けば当然まともな研ぎはできません。
なので私は写真のような固定台を使用していますが、木で自分で作ってもよいと思います。

DSCN0909

セットするとこんな感じです☆
いつもそうですが、作業中は写真が撮れないのでご勘弁を!

ミートナイフのついでに、台所の菜切り包丁も研ぎ直しをしました。
「天然砥石」を「仕上げ砥石」として、ご丁寧に「小刃止め」(刃の先端のみがあたるように、持ち上げ気味で研ぐ)をしました。「小刃止め」することで長く切れ味が持続します☆

DSCN0910

試し切りです!切れ味パフォーマンスでよくある、紙を切るということをしてみたい気もしますが、紙を切ったところでゴミが出るだけですので、繊維がしっかりしていてつながりやすい葱を切りました。
何の力も入れずに切れました(^^♪  切った葱はお味噌汁に入れようかな。

DSCN0911

続いて、じゃがいもスライスです!

DSCN0914

じゃがいもスライスはポテトチップスになりました~(^^♪