TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

自給自足的生活と端境期

DSCN0959

春ですね~。
白菜の菜の花が穫れました(^^♪
白菜は菜の花の種類の中で、苦みがなく甘くて美味しいんです☆

私の住むところは雪国ですので、冬は畑ができません。
なので、今の時期は端境期なのですが(スーパーに行けば年中、食材が溢れているご時世ですので端境期という感覚は薄いでしょうが)食べる物はそれなりにあるものです。
ということで今回は、端境期でもそれなりに(私個人的にはめっちゃ)豊かだぜ!自給自足的生活の食!です。


さて、食を豊かにするにはそれなりの段取りや手間が必要です。

菜の花は、秋に全部収穫しないで残しておくだけという簡単な段取りで、食べることができます。
写真は撮っていませんが、越冬したターサイも菜の花が穫れました☆

手間をかけて保存食を作っておくというのも、食を豊かにするポイントです。
私は昨年、白菜漬けを作りました。



作った白菜漬けは、塩分濃度を濃くしましたので、見事3ヶ月もつことができました。
深漬けになればなるほど、味わいに奥行きが増して本当に美味しかったです。

新聞紙にくるんで立てて保存した白菜も、一つの廃棄も出すことなく越冬してくれました。

DSCN0940

蒸し白菜にして、ドレッシングをかけていただきました☆

DSCN0866

因みにドレッシングはこちら(^^♪
いつもお世話になっている無添加・天然醸造の大徳醤油さんのです。

DSCN0967

こちらはカブの酢漬けです☆
昨年の春に仕込みましたので、丸一年になります。

DSCN0966

じゃ~ん♪
自給米に自給越冬人参(畑で)に自家製鹿肉チャーシューに、この時期といえば駒菌を打ち込んだ原木からにょきにょきと出てくるシイタケという旬も入っているスペシャル炊き込みご飯です!