TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

田んぼの生き物

DSCN1145

田んぼの生き物の写真を撮りました。
写真は「トノサマガエル」が写っています。
農と自然の研究所の調査によると、田んぼに暮らす生き物の種類はナント5470種!!!


DSCN1128

私の汚い手も写って恐縮ですが、「クロゲンゴロウ」だと思います。

DSCN1136

「アメンボ」がスイスイ~♪とすべっていました。
「アメンボ」は水があるところに飛んでくる生き物。なので、道路の水たまりにもいたりする水面フェチ。
漢字で書くとなんと「飴んぼ」!捕まえたことがある人にはわかる、焦げたべっこう飴の臭いからです。

DSCN1138

「ヤゴ」ですね。
何蜻蛉になるのでしょうか?

DSCN1140

わかりにくいですが真ん中に蜘蛛がいます。
背中に赤ちゃんを背負った「コモリグモ」です。
母性は人間も蜘蛛も同じなんですね。

DSCN1160

こちらは背中に卵を背負っているので「コオイムシ」といいます。
漢字で書くと「子負い虫」ですね。
「コモリグモ」はお母さんが子育てをしますが、「コオイムシ」はお父さんです。
コオイムシ」のメスはオスの背中に卵を産みつけるのです。
薬漬け・機械化された現在の田んぼでは、すっかり見なくなった生き物だそうです。

DSCN1144

カワニナ」ですね。
二人で何しているのでしょうか。
本来は川に住んでいてゲンジボタルの幼虫が食べるのですが、山間部の田んぼにはいるようです。
(通りでゲンジボタルも飛んでいるような…)

DSCN1146

アキアカネ」ですかね。
俗に言う「赤とんぼ」ですね。

DSCN1150

写真は「ヘイケボタル」です。
綺麗な小川に住み、幼虫はカワニナを食べるのは「ゲンジボタル」です。
ヘイケボタル」は田んぼの中に棲み、幼虫はタニシやモノアラガイなどの巻貝を食べています。
なので、「ヘイケボタル」は田んぼの蛍なのです。

DSCN1152

「サワガニ」ですね。
この子も山間部の田んぼだからいるのでしょう。

DSCN1154

「ケラ」と「ミミズ」のツーショットですね。
「ケラ」は田んぼに水が入ると出ていきますが、水の上を泳ぐこともできます。
さらに羽を広げて飛ぶこともできます。まさに陸と水と空を制覇した昆虫ですが、いずれの能力も上手ではないと評されたことから、昔の人は多芸ながら秀でた芸がないことを「けら芸」と言いました。
私からすれば、穴掘りは手からしてプロフェッショナルですが。