TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

ビス・釘類色々

DSCN1173

ビスや釘類ですが、どこでどんなものを買うか何気に迷ってしまいませんか?
私は材の割れを避けるためにビスは専らスリムビスに落ち着きましたが、用途や気分、その他の事由によっていろんなお店で買っています。
写真はプロ御用達の金物屋さんで買った山喜産業のスリムビスです。台湾製ですが質は良いです☆

DSCN1172

こちらはお馴染みコメリプライベートブランドでありますK+のスリムビスです。
こちらも台湾製です。

DSCN1171

こちらはホームセンターによくおいてありますダイドーハント社製のスリムビスです。
中国製で安いですが、ハズレがあります。
因みに私が買った箱は特にハズレ箱でしたので…

DSCN1114

写真でも曲がっているのがわかりますよね。
結構な割合で曲がりビスが入っていました(>_<)
案の定ブレまくってストレスビスですので、仮止め用の使い捨てビスとして使っています。

DSCN1180

上記の件でダイドーハントはアカン!と思いましたが、ダイドーハント社製はコストパフォーマンスが良いので、前回の建前時にもつい使ってしまいました。

DSCN1181

はい。コメリブランドと山喜ブランドの傘釘です。

DSCN1177

山喜ブランドの着色(黒色)釘です。
焼杉板に使えば釘が目立たなくなり、無塗装材に使えばアクセントになる釘です。
高級山喜ブランドの中でも、ステンレス釘と鉄釘の価格の差は歴然です!

DSCN1178

こちらは山喜ブランドの無塗装ステンレス釘です。
高級ですので木工用として使っています。
プラスビスの頭が見えると格好悪いと思うのに、何故か釘の頭は許せてしまいます。

DSCN1179

野地板を張る時はコレ!
ビスよりも施工が早く割れにくく安い!!!

DSCN1175

フローリング用の隠し釘ですが、端部に強いので薄い板の木工用として重宝します☆

DSCN1174

最後に一押しのビスを紹介します!
垂木留め専用ビス!その名も「タルキック」!!!

垂木は檜の芯持ちで材が太くなると、なかなか打ち込むのは大変ですよね。
鉄釘で脳天打ちだと気持ち良いですが、曲がってしまったら(#`皿´) ムキーーーー!となりますし、ケチなプラスビスで脳天打ちしたら最悪ねじ切れちゃって(゚Д゚)ゴルァ!!てなりますし、プラスビスで斜め打ちしてもビスをなめてしまって空回りしたらやっぱり(#`皿´) ムキーーーー!となってしまいます。

「タルキック」は四角ビスですので滑りにくく喰い込みがやばいです。
素晴らしくノンストレスでスピード施工です。

DSCN1167

なので、頬杖も「タルキック」でガチッといっときました☆