TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

我が家の常備薬

DSCN1468

先日は初雪で初積雪を観測し、山村の厳しい冬の生活がはじまっております。
毎年この時期になると買う「プロポリス」が、本日届きました☆
ついでに「プロポリスクリーム」も買ったのですが、サービスに「百花蜜」が入っておりました(^^♪

私と「プロポリス」の付き合いは長く、私の記憶では小学1年生の時から服用しています。
と言いますのも、私はそこまで丈夫な子ではなくアレルギーや喘息に悩まされていました。
就寝中にせき込むと、もう激しいせきが止まらなく嘔吐を催していました。
その時の苦しさは今でも記憶に残るほどですが、そんな喘息の苦しみを改善してくれたのが「プロポリス」なのです。
本当に「プロポリス」を探し当ててくれた親に感謝ですm(__)m

「プロポリス」は蜜蜂が集めてきた樹脂や花粉と、蜜蜂の唾液と蜜蝋を混ぜて作り出されます。
20~30種類のフラボノイドが含まれ、その他ビタミン群ミネラルもたくさん含み、数百種類の成分が含まれていることが判明しています\(◎o◎)/!
蜜蜂達は「プロポリス」の優れた殺菌力を活かし、巣の修理や防水、巣に侵入してきた昆虫死骸の腐敗を防ぎ、病気の感染から巣を守っています。

カンノさんのパッケージの影響で、私は「プロポリス」を「不老保里巣」と書くもの小さい頃は信じていたのですが、これはどうやらカンノさんのナイスな当て字のようです。

「プロポリス」はpropolisのことで、語源はギリシア語で「都市を守る」という意味です。
日本でもいつからかというのは不明ですが(日本蜜蜂の養蜂が地域流、我流が多いためだろうか)「ハチヤニ」として存在は知られていました。ですから、「プロポリス」を漢字表記すると「蜂脂」ですね。

そんな蜜蜂さんからのいただき物である天然の抗生物質「プロポリス」は、我が家の常備薬です。
「プロポリス」は決して安いものではなく、高価なものです。
自給自足的生活では大きい出費であると思います。

が、しかしです。
虚栄のためにモノやサービスに散財し、資源を浪費してゴミを出すよりも、よっぽど有意義な購買だと思います。
自給自足的生活は何でも自分でやることを目指すものではありません。
自給自足的生活はホンモノを追求する生活であると私は思います。ホンモノを追求するプロセスにDIYが多いというだけです。
自給自足的生活だからこそホンモノを見極め、真に価値のある購買を心がけたいものです。