TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

納屋建築 土台篇~➁

DSCN1644

前回の土台の刻みの続きです。


さて、土台の柱用のほぞ穴は、昔は貫通さしていました。
土台の下端は白太で腐りやすいですが、ほぞは赤身で腐りにくいため、建物の沈下を防いでくれるからです。

しかし、今は「基礎パッキン」という優れモノがあります。

土台は常に湿気と白蟻による腐朽に悩まされています。
「基礎パッキン」は土台にかませ空気層を作ることにより、腐朽を防いでくれるのです!

よって、ほぞ穴は貫通させる意味はないのでしていません。
今回の成は105㎜を基準にしていますので、60㎜のほぞで十分だと思います。

丁寧な軸組ですと土台の「平ほぞ」にも込栓をしていますが、これは突き上げるような地震に有効であると考えます。私は白蟻さんの侵入突破口になるのではと心配ですので、込栓はしませんが。

DSCN1645

さて、前回の「小根ほぞ差し」のメンタです。

DSCN1647

横から見るとこうですね。

DSCN1648

刻み終わりましたら、建前時にわかりやすいように表示しておきます。

DSCN1643

今回は土台の長手であります、㊀通り、㊃通りの刻みが終わりました。