TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

丸ノコ置台の改良☆彡

DSCN1732

先日、作製しました丸ノコ置台を、ちょこっと改良しました☆

DSCN1713

と言いますのも…
今回の反省点として、重量バランスの悪さというのがありました。
写真でわかりますように、奥行が短く全体的にスリムなのに、ガイド収納とガイド、さらに丸ノコモーター部分も手前に偏っています。
結果、ちょっと粗く取り扱うとふらついてしまうのが難点でした。

DSCN1720

ということで、重量バランスをよくしていきます。

DSCN1721

たったこれだけのパーツのために、カンナ出動は面倒です。
かといって、このまま取り付けると格好悪いような気もします。

DSCN1722

悩んだ結果、焼檜にしました。
カンナは面倒だと思うのに、火であぶる手間は面倒ではないようです(笑)

DSCN1723

さらに重量を稼ぐために、コーチ&座金を埋め込みます。
コメリで買えば、合計80円!安!!

DSCN1725

タルキックで留めました!
これで、かなり重量バランスが良くなりました(^^)v

DSCN1726

えーと…130円くらいのパーツだったと思います。

DSCN1727

移動用のつまみとして付けました(^^♪