TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

「エグリカッター」の実力は如何に

DSCN1797

すっかり温かくなりましたね。
この時期は田畑の準備も加わり忙しいのですが、こんなものを作りました☆
「腰掛」&「花台」ですかね。

DSCN1787

まずは、丸太と向き合い対話してから

DSCN1788

防虫のために皮を剥ぎます。

DSCN1791

時間が許されるなら、何日でも木と対話して手彫りするなんてこともしたいですが、現実的には厳しいですので、「エグリカッター」を試してみました。

DSCN1792

はい。「エグリカッター」専用のカバーです。

DSCN1794

シャキーン!
ディスクグラインダーにセットしました!

DSCN1795

「エグリカッター」及び「専用カバー」の感想は…
仕上がりは思った以上に粗いですが、使いこなせれば様々な装飾加工もできるようになるかと思います。
「専用カバー」はガイドにもなり真っ直ぐな溝を彫るのによいですが、木くずが普通に飛んできます!
カバーの取り付けはちょっと面倒でしたので、はじめはなんじゃこりゃ?とも思いましたが、眼の保護のためにゴーグルは必須だと感じました。