TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

単管の切断に!「パイプカッター」

DSCN2392

日中は暖かく、DIY日和が続いております。
5年前に買った中古足場単管の切断作業をしました。
私は切断機を使用した単管の切断は、これまでに何回かやったことがあるのですが、火花といい金属音といいあまり好きな作業ではありませんでした。
そこで、多少時間がかかってももっと安全に安く手軽に単管の切断をしたいと思い、今回使用したのがコレです!
「パイプカッター」とか「単管カッター」という名称で売られている道具です!


DSCN2394

さて、今回何故単管の切断作業をしたのかといいますと、新たな薪置き場を作るためです。
写真薪小屋の隣のスペースに新たな薪置き場を作りたいものですが、このスペースは雪の捨て場になっており使えません。これは豪雪地域ならではの問題で、雪をどこに捨てるのか結構悩むのです。
となると…現状景観維持だけのために草刈りをしている上段スペースを利用することにしました。
少々薪運びが大変ですが、生活水を得るために何キロも歩かされる子どもに比べればなんのです。

DSCN2395

ではでは、単管の切断作業の準備です!
単管を切断するには、単管を固定しなければなりません。
単管固定の方法も色々あるかと思いますが、今回は写真のようにやりました。馬に載せた垂木をクランプで固定し、垂木に垂木止めクランプを付ける方法ですね。

DSCN2398

使う道具と資材を準備しましたら、いよいよ切断です!

DSCN2400

まずは反時計回りで罫書き線(切り込み)を入れます。罫書き線が螺旋状になりずれていればやり直しです。
罫書き線がずれていなければ、ハンドルを徐々に締めながら時計回りで回していきます。(写真では途中刃に5‐56を吹き付けたので濡れています)

DSCN2401

すると、このようにポッキンw(゚o゚)w オオー!
なかなか爽快な切断です!

DSCN2402

切断後は「パイプカッター」のこの部分で、

DSCN2403

バリ取りができるのです!
w(゚o゚)w オオー!

DSCN2404

単管で薪置台を作ることができました☆

DSCN2407

トタンを被せて完了です!
これで薪は風に当たり乾燥してくれることでしょう!