TEKI雑記

古民家暮らしのDIYな日々を綴ります

ペール缶スツールの作製☆彡

DSCN2604

廃ペール缶を利用したスツールを作製しました(^^♪
以前作製したことがありますが、以前よりもハイクオリティーを目指しました☆



ではでは、作製プロセスです。

DSCN2586

30㎜厚150㎜幅の杉板を、ジョイントカッタで板継ぎしました。
上手にやれば目違いもなくキレイです。両端木口部分は5㎜程度余分に測っておいて、継いでから丸ノコで切り落とせば失敗は少ないですね。
板継ぎの写真を撮り忘れていましたので、またの機会で紹介したいと思います。

DSCN2587

直線切り専用の「丸ノコ」では、丸く切断することはできません。(技としては、超多角形カットで丸に近づけることはできますが…)
丸く切断できる電動工具といえば、やはり「ジグソー」でしょう!

今日は自作の丸ノコ置台が、ジグソー置台にかわりました。
集塵機は変わらず使えます。
同じメーカーだと互換性・汎用性がありますね。

DSCN2589

丸くカットしました!
なかなか真円というのは難しいですね。

DSCN2595

「ジグソー」の機種によって「オービタル機構」があるものとないものがありますが、この機種はオービタルoffに加えオービタル3段切り替えができます。
切断面が少しでもきれいになればと、はじめは「オービタル」を切っていましたが、切断スピードがあまりにも遅く手が痺れてしまいました。

DSCN2596

振動が手に負担になったので、途中から「オービタル」を1段階だけ入れて切断しました。
右が「オービタル」onで左がoffですが、側面の切断面はほとんど変わりません。

DSCN2598

右が「オービタル」onですが、少しささくれだったくらいで、かなり切断スピードは上がり手の負担も楽でした。
そもそも「ジグソー」という道具自体が荒仕事しかできないので、仕上げ用のジグソー刃といっても大した仕上げにはなっていません。

DSCN2599

ペール缶の内側にカポッとはまるように、裏面を「トリマー」で3㎜程度段差を付けます。
「トリマー」は充電式のものを購入しました。
コードがない方が細かな作業がしやすいのと、マキタの「ACトリマー」は何故か集塵機に対応していないからです。
充電式のものはバッテリーが使いまわしできますので、どんどんトレンドになってくるでしょう。

DSCN2591

「トリマー」に集塵機をつなげるには、フロントカフスを交換すればよいだけです。

DSCN2592

「トリマー」で天板を面取りしました!
使用したトリマービットは「丸面ビット 10R」です。

DSCN2600

サンドペーパーがけをしまして!

DSCN2604

ビーワックスで仕上げれば完成~ヾ(≧▽≦)ノ